仮性包茎を克服するための亀頭増大や皮むきのトレーニング

MENU

仮性包茎を克服するための亀頭増大や皮むきのトレーニング

マッチョ

仮性包茎を克服するための亀頭増大や皮むきのトレーニングがあります。このトレーニングを行うことで亀頭が大きくなったり、皮がむけるようになったりして仮性包茎が治る可能性あるのですが、どんな方法なのでしょう。

 

亀頭増大トレーニング

 

亀頭を増大させるトレーニングとしてはミルキングという方法がよく知られています。まずペニスの根本部分を親指と人差し指で握ります。この状態で残った中指、薬指、小指を順番にペニスを握るようにしていきます。牛の乳搾りをイメージしてもらうとわかりやすいでしょうか。

 

実際、牛の乳搾りに似ていることからミルキングという名称が付けられています。これを繰り返すことでペニスの先、つまり亀頭部分に血液が集まりやすくなり、結果として亀頭の増大効果を期待できるトレーニングです。

 

毎日5分ほどこのトレーニングを続けてみましょう。慣れないうちは力加減がわかりにくいと思うのですが、痛みを感じない程度に握っていき徐々にちょうど良い加減を見つけていきましょう。

 

皮むきトレーニング

 

こちらのトレーニングは非常に単純で、皮をむくだけでかまいません。皮をむくこと自体が仮性包茎を治すためのトレーニングになるわけです。通常時でも勃起時でもかまいませんので、自分の手でゆっくりと皮をむいていき、亀頭が完全に露出した状態にします。

 

痛みを感じる時は無理に皮をむかず、痛みを感じない部分までむくようにしましょう。このトレーニングを毎日続けることで皮のむき癖がついていき、自然と包茎が改善される可能性があります。

 

皮をむいてもすぐに戻ってしまう場合は手で固定するなどして10分ほどむけた状態を維持し、ある程度の時間皮が戻らないという方は自然に元に戻るまで放置しましょう1日3セットくらいを目安に行うのがおすすめです。

 

こうしたトレーニングをすることで自力で仮性包茎が治る可能性もあります。クリニックでの手術などをせずに克服できる可能性のある方法なので、まずはトレーニングから始めてみるのもいいでしょう。

仮性包茎