包茎手術を受けた後に性行為が再開できるのはいつから?

MENU

包茎手術を受けた後に性行為が再開できるのはいつから?

ベッドのカップル

包茎手術を受けた後はしばらく性行為が禁止されます。では性行為が再開できるようになるのは術後いつからなのか、ペニスがその機能を完全に回復させるまでの期間を見てみます。

 

性行為再開までの期間

 

包茎手術をし、傷が完治するまでの期間は約1ヶ月と言われています。そのため多くのクリニックでは性行為を再開してもいい期間を1ヶ月ほどとしているケースが多いようです。

 

つまり少なくても1ヶ月は性行為を我慢しなければいけないわけです。自慰行為も同様ですから人によってはかなり大変な思いをするかもしれませんが、無理をすれば傷口が開いてしまうリスクもあるのでこの期間は安静にしていましょう。

 

ただ、明確に1ヶ月と決まっているわけではなく、さらに理想を言えば2ヶ月から3ヶ月は性行為をしないほうが良いという考え方もあります。実際の判断は各医師に委ねられている部分も多いので、担当医師の話をよく聞いておくようにしましょう。

 

どうしても心配というなら定期的に患部の状態を見てもらうようお願いするのもいいかもしれません。いずれにしても1ヶ月は性行為できないと考えておきましょう。

 

性行為をする時も気を付ける

 

性行為が解禁され、やっと性行為ができるとなっても慎重にペニスの状態を見守るようにしましょう。本来なら十分な期間が過ぎていても、なんらかのトラブルが発生する可能性は0ではありません。いきなり激しい性行為をすると痛みが出たり、出血してしまったりするかもしれません。

 

まずは様子を見ながらゆっくりと、性行為をしても問題ないかを確かめながらにしましょう。徐々に慣らしていき、十分な期間が過ぎ、さらに特にトラブルもないようなら完全に安心して性行為を楽しめるようになります。

 

1ヶ月、もしくは1ヶ月以上もの間、性行為や自慰行為を禁止されるのは男性にとっては非常に辛いことのはずです。ただ無理をすればトラブルが起き、最悪の場合は再手術なんてこともありますので辛くてもしっかり我慢するようにしましょう。

仮性包茎