包茎と関係が深い性病の種類や症状、治療法

MENU

包茎と関係が深い性病の種類や症状、治療法

包茎手術を行う大きな理由の一つでもある、性病の存在はご存知だと思います。しかし種類や治療法等、沢山の物が存在していますが、包茎ならではの性病と症状はご存知でしょうか?

 

抱き合う男女

 

包茎だからこそ起こりやすい、性病とその症状は?

 

性感染症、いわゆる性病の種類は実は沢山あります。男性であれば尿道炎と呼ばれているクラミジアの存在が主であり、痒みや薄い膿を排出し始めます。黄色の濃い膿が出始めた場合、淋病の可能性が高いです。

 

また、排尿時や排泄時に焼けるような感覚と痛みを覚えた場合は、すぐに病院へ行きましょう。亀頭や陰茎部にトサカのようなイボが出来た場合、尖圭コンジロームが疑われます。痛みや自覚症状等はありませんが、体内にどんな問題が起こるかわからないので、早急な治療を行いましょう。

 

そして、今でも耳にする事の多いエイズがあります。男性から女性への感染が最も多く軽い性病でも患っている男性は、エイズウイルスが入ると高確率でエイズになります。現在では治療薬等も豊富にあるので、自覚症状が無くても泌尿器科で一度検査を行いましょう。

 

もしも性病が起こったら?治療はどうすれば良いの?

 

やはり一番確実なのは、自身でなんとかするのではなく専門医を受診する事です。昔と違って近年では性病の薬の開発は進み、副作用も極めて軽い物が豊富にあります。性病の一番の問題は、放置してしまう事です。

 

男性から女性へ、男性から男性へも簡単に伝染してしまいます。キスなどの軽い物から全ての性行為に及ぶまで、さまざまな経路で伝染するのです。市販の物でなんとかするのではなく、健全だと思っていても、一度診断を受ける事をお勧めします。

 

そして包茎の方であれば、毎日の入浴の際に念入りに洗う事で発症のリスクを減らしましょう

 

包茎は汚れやウイルスが溜まりやすい為、性病や陰茎に関する病気を起こしやすい傾向にあります。その為、どれだけ健康だと思っていても、一度泌尿器科で性病の有無を検査してもらう必要性は、全ての男性にあるのです。

仮性包茎