一生に一度の事だから慎重にすべき?包茎治療のリスク

MENU

一生に一度の事だから慎重にすべき?包茎治療のリスク

包茎はできるだけ早く治療してしまった方がいいのは間違いありません。しかし簡単なものとはいえ手術をするわけですからリスクも気になります。包茎治療にはどんなリスクがあるのかを把握しておきましょう。

 

 

手術跡の問題

 

最近では切らない手術というのも登場していますが、一般的に包茎治療というとメスを使って余分な皮を切除する方法が採用されています。メスで皮を切るということでどうしても傷跡がある程度のできてしまい、手術後にその跡がはっきりと残ってしまうことがあります。

 

もしそうなれば包茎治療をしたことが他の人からもわかってしまい、せっかく治療したのに結局人に見せられない状態に、なんてこともあり得るのです。

 

もちろんクリニックでも跡が可能な限り目立たないよう配慮してくれますが、それでも跡が目立ってしまう可能性があり、これが1つのリスクにもなっています。見た目を重視する方には特に大きなリスクです。

 

感度の低下

 

これは非常に稀なケースではありますが、余分な皮だけでなく性感帯まで切除してしまうことでペニスの感度が低下することがあります。感度が低下すれば射精までの時間が非常に長い、いわゆる遅漏のような状態になる可能性があり、そもそも感度が低下することで勃起しにくくなったり勃起を維持しにくくなるリスクも生まれます。

 

手術をする以上、ある程度のリスクは仕方ないこととはいえこれは男性にとってかなりのリスクになるでしょう。可能性が非常に低いものの、こうしたリスクもあるんだと知っておくことは大切です。

 

良いクリニック選びを

 

このように包茎治療にはメリットだけではなくリスクがあるのも事実です。しかしリスクがあるからと治療をせずにいても問題は解決されず、包茎治療において手術が有効な方法であることもまた事実です。

 

だからこそ安心して治療できるクリニックを見つけることが大切で、医師と患者の信頼関係が求められます。多くのクリニックは事前のカウンセリングなど、安心して手術を受けられるように対応してくれており、カウンセリングは無料で受けられるところが大半です。色々なクリニックでカウンセリングを受け、もっとも信頼できるクリニックで治療するのも良い方法になるでしょう。

 

手術である以上リスクがあるのはたしかですが、同時に治療することで得られるメリットもあります。リスク回避をしながら慎重に判断し治療していくことが大切です。そうすればリスクを最小限にしながら治療可能になります。

仮性包茎