包茎を治すにはどうしたらいいの?包茎手術について学ぼう

MENU

包茎を治すにはどうしたらいいの?包茎手術について学ぼう

男性にとって大きな悩みの1つとなる包茎には、どんな治療法があるのでしょう。一般的に包茎を治すには手術をすることが多いのですが、手術の方法は複数あります。

 

包茎手術の種類

 

専門クリニックで主流となっている方法が亀頭直下法です。これは亀頭の直下部分にメスを入れる方法で、手術跡が目立ちにくいのが最大の特徴でありメリットです。

 

手術跡が目立たないということは見られた時に包茎を直したと気付かれにくいということで、この点が患者側からも高く評価されています。

 

泌尿器科では環状切除法が主流です。陰茎部の皮膚を環状に切除し、その部分を縫合することで余分な皮を無くします。亀頭直下法と比較して手術跡が目立ちやすいのが難点です。

 

この他にもクランプという器具を使うクランプ法や、ペニスの根本部分の皮膚を切除する根部切除法などもありますが、これらの方法は最近ではあまり使われなくなっています。

 

どの方法が良いのか

 

手術の方法が複数あるため、どの方法で治療するかを考えることも重要なポイントになります。上記で紹介したように専門クリニックなら亀頭直下法、泌尿器科なら環状切除法が主流ではありますが、各クリニックや泌尿器科によってどの方法を採用しているかはまちまちです。

 

独自の技術による治療を行っているところもあり、自分に合ったクリニックや泌尿器科を選ぶことが大切です。たとえばクリニックでは必ず治療前にカウンセリングを行い、どんな治療が最適かをはじめ費用や手術後の注意点などを詳しく説明してくれます。カウンセリングは無料なことが多いのでまずはカウンセリングを受けてみるのも良い方法です。

 

手術時間や費用について

 

包茎手術は短時間で終わるものがほとんどで、入院せずに日帰りも可能です。その点では私生活にそれほど大きな影響は出ないでしょう。もちろん手術後の一定期間は激しい運動や入浴が制限されますが、1ヶ月もすれば元の生活に戻れます。

 

また、費用については真性包茎なら保険適用となりますがそれ以外は全額自己負担になります。費用は各クリニックでそれぞれ違いますので、費用について調べておくのも欠かせません。

 

保険が適用されない場合はそれなりの出費になりますので、手術の方法などと含めて費用についてもしっかり把握しておきましょう。

 

包茎は基本的に自然に治ることがないので治療を考えるなら手術を検討することになります。どんな手術が行われるのか、これを把握して自身の悩みをしっかり解消できるようになりましょう。

仮性包茎