何から始めたらいい?一般的な包茎手術を受けるまでの流れ

MENU

何から始めたらいい?一般的な包茎手術を受けるまでの流れ

包茎手術を受けたいと思っていても、まずは何から始めればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。初めてのことですから当然です。一般的な包茎手術を受けるまでの流れについて見てみましょう。

 

まずは予約を

 

包茎手術を受ける場合、まずは予約をして来院日を決めないといけません。予約の方法は主に電話かインターネットからで、インターネットの場合は公式サイトに予約ページが用意されており、そちらから希望日を記載して申し込む形になります。

 

まずは診察とカウンセリングだけを予約当日に受けてもかまいませんし、包茎手術は短時間で終わることから予約当日にそのまま手術まで済ませてしまうことも可能です。

 

カウンセリングを受けて、その後に手術を受けるかどうか決めるのが確実ではありますが、あらかじめ手術も受けるつもりなら準備をしておきましょう。

 

予約当日の流れ

 

クリニックに行くと受付を済ませてまずは診察が始まります。ペニスの状態を医師が確認し、どのような治療方針が適切かを判断したりします。診察が終わると次にカウンセリングで、カウンセリングでは診察の結果をはじめ、手術をする場合の詳しい説明、手術の費用について、などの話を聞きます。

 

この時に気になる点などをこちらから質問することもできますので、不安な点や疑問がある時はカウンセリング時に医師に相談して解決しておきましょう。カウンセリング後、手術を受ける場合はそのまま手術へ、手術するかどうかをこの段階では決めないならカウンセリングを受けて終わりとなります。

 

手術後について

 

手術までの流れは上記の通りですが、手術後についても確認しておきましょう。手術が終わると医師から今後の注意点などについて説明があります。入浴はいつから可能か、運動や性行為はいつから可能か、抜糸の必要がある場合は抜糸がいつ頃かなど、主に完治するまでの制限についての話が中心です。

 

痛み止めの薬を処方してもらえる場合もあり、この時は薬についても説明もあるでしょう。いずれにしてもいくつかの指示を受け、必要であれば定期的な通院を、通院の必要がなければ基本的にもうクリニックに来ることはありません。

 

手術時間が1時間弱くらいなこともあって、診察開始から帰宅まで当日に済ませられます。忙しい方でも気軽に治療できるようになっているのです。

 

一般的な流れが把握できれば包茎手術を受ける決断もしやすくなると思います。基本的には予約をして診察とカウンセリングを受け、その後に手術という流れになっていますから、まずは予約をするところから始めましょう。

仮性包茎