包茎はやっぱり治すべきなの?治療を受けるメリットについて

MENU

包茎はやっぱり治すべきなの?治療を受けるメリットについて

包茎を治すべきかどうか、この点で悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。特に仮性包茎の方は不自由を感じていない場合もあり、余計に治療を決断できないケースが見られます。では治療をすることでどんなメリットがあるのかを確認しましょう。

 

医師

 

衛生状態を改善できる

 

仮性であれ真性であれカントンであれ包茎は皮を被った状態なので、亀頭部分を綺麗にすることが難しくなります。

 

仮性包茎の方なら入浴時にしっかり皮を剥いて洗えばまだいいのですが、真性包茎やカントン包茎だとそれも難しく、仮性包茎にしても普段は皮を被っていますから包茎でない男性に比べると不衛生になりがちです。

 

皮と亀頭の間に恥垢が溜まれば悪臭の原因にもなりますし、恥垢が原因で雑菌も繁殖しやすくなります。

 

これは病気のリスクにもつながり、包茎の抱える大きな問題の1つです。衛生的なペニスを維持するためにも治療にはメリットがあるわけです。

 

早漏が改善される可能性

 

包茎だと絶対に早漏というわけではありませんが、早漏の方が多い傾向にあると考えられています。これは普段は皮を被っていることで刺激に弱くなっており、性交時の刺激で射精しやすいのが原因とされています。

 

早漏と言えば男性が抱える大きな悩みの1つであり、女性との性交を円滑に行えない原因にもなります。包茎を治療することで刺激に強くなり、これまでよりも持続時間が長くなったという方も少なくなく、これも包茎治療のメリットの1つです。

 

性生活が上手くいくか、これは男女が付き合っていく中で重要なポイントなのでこの点からも包茎は治療するのが良いと考えられます。

 

コンプレックスがなくなる

 

包茎であることがコンプレックスになっている男性はたくさんいます。女性はもちろん男性に包茎だと知られるのも恥ずかしいことですし、人前で裸になれない不便さもあります。こうしたコンプレックスを解消する方法はただ1つ、包茎を治療することです。

 

包茎さえ治療できればこれまで抱えていたコンプレックスもなくなり、より堂々と生活できるようになるはずです。男としての自信を取り戻すためにも包茎の治療を考えるのは良いことです

 

コンプレックスからストレスを抱えるようになればストレスによって他の悪影響も考えられ、コンプレックスは早期に解消することが大切です。

 

手術は怖い、面倒という方も多いと思いますが包茎治療には以上のようなメリットがあります。どれも生活を大きく変えるレベルのメリットですから包茎で悩んでいる方は治療に向けて動き出してみましょう。

仮性包茎