包茎の症状によっては可能?切らない治療による包茎治療

MENU

包茎の症状によっては可能?切らない治療による包茎治療

包茎の状態によっては切らずに治療することも可能です。包茎は治療したいが切るのは嫌だという方も非常に多く、やはり切開手術には抵抗を感じるものだと思います。切らない治療とはどんな方法なのかを確認していきましょう。

 

安全保障

 

亀頭増大による方法

 

切らない方法として今もっとも主流なのが亀頭増大による治療です。これは主にヒアルロン酸を亀頭部分に注入する方法で、ヒアルロン酸によって亀頭が大きくなり、その結果としてカリの部分に皮が引っかかるようになり包茎が改善されるという仕組みです。

 

ヒアルロン酸をはじめアクアミドなどの成分を注入するのですが、どれも体には悪影響のない成分なのでその点は安心です。亀頭を大きくすることで治療しますから皮を切除する必要がなく、亀頭のサイズアップも狙えるので包茎を治療しつつペニスの大きさをアップさせる効果も期待できます。

 

ノンカット法

 

この方法はペニスが剥けた状態で固定し、そのまま癖を付ける方法です。医療用に作られた特殊な糸を使って皮を剥きそのまま糸で固定してしまいます。固定されれば皮が自然と元に戻る、つまり皮を被った状態に戻ることがなくなり、そのまま固定し続けることで包茎が改善される仕組みです。

 

糸で固定するだけなので亀頭増大よりもさらに体に手を入れることが少なく、その意味ではもっとも手軽な方法と言えるかもしれません。あくまでも固定するだけなので期待した改善効果が得られるかは個人差があるものの、まずはこの方法で治るかどうかを試してみるのも選択肢の1つになるでしょう。

 

切らずに済むかどうかを確認

 

こうした方法は基本的に軽度の仮性包茎でした使えない方法です。亀頭を大きくするにも限界がありますし、固定するにしても皮が余りすぎていると効果を得られないからです。

 

これらの治療法を望む場合には、まず自分の包茎の状態を確認することが大切です。専門クリニックでは診察とカウンセリングを行っており、診察をしてからどんな治療法が最適なのかをカウンセリングで説明してもらえます。

 

そのためクリニックを選び、診察を受け、カウンセリングを経てから具体的な治療法を決めることが大切です。切らずに済むかどうか、まずはクリニックで聞いてみましょう。

 

切らずに包茎を治療できるならやはりそれがベストな方法です。切らないでもいいかどうかは包茎の状態によっても変わりますが、可能ならここで紹介したような方法で治療を目指すのもおすすめです。

仮性包茎