カントン包茎はすぐに治療しなければならない理由とは?

MENU

カントン包茎はすぐに治療しなければならない理由とは?

包茎医師

カントン包茎はすぐに治療しなければならない、そんなふうに言われます。ではなぜカントン包茎だとすぐに治療しなければならないのか、その理由をはっきり理解している方は少ないのではないでしょうか。

 

カントン包茎をすぐに治療しなければならない理由

 

カントン包茎とは元々真性包茎だった方がなるものです。真性包茎の方が強引に皮を剥くことで、剥いた皮が元に戻らなくなってしまう状態をカントン包茎と呼びます。皮が戻らないなら完全に剥けたということで、それは良いことなんじゃないか、そう感じるかもしれませんが違います。

 

カントン包茎の場合、強引に皮を剥くことで皮がペニスを締め付ける状態になり、元に戻せなくなります。このままの状態を放置しておくとうっ血につながったり、締め付けが強すぎることで強い痛みを感じたりします。

 

そのためすぐにでも治療をしなければならないのです。うっ血したり痛みを伴うというのはカントンならではの症状で、とても厄介です。

 

早期の治療を

 

カントン包茎になってしまった場合、上記で紹介したように特殊な症状が出る場合もありますから早期の治療が求められます。そうでなくても、カントン包茎になる可能性のある方というのは真性包茎の方ですから、その意味でも治療が重要になってきます。

 

仮性包茎の場合、治療の必要性も薄いのですが真性包茎とカントン包茎はペニスの衛生面、機能面を考えても治療する必要が出てきます。もしも自分がカントン包茎になってしまった時はすぐに専門のクリニックを受診するなどして、適切な治療をしてもらいましょう。

 

そのままにしておくメリットはまったくありません。特にうっ血して血の流れが止まっている場合や、強い痛みを感じる時はすぐにでも治療しなければなりません。もし強引に皮を剥いてこうした症状が出た場合は、自分で治そうとせずすぐに専門家に相談しましょう。

 

カントン包茎はこうした理由からすぐに治療すべきと言われています。特にうっ血はペニスの壊死といった重大な事態を引き起こす可能性もあり、決して甘く見てはいけない症状です。

仮性包茎