一般病院の泌尿器科で行っている包茎手術では何をするの?

MENU

一般病院の泌尿器科で行っている包茎手術では何をするの?

病院

一般病院である泌尿器科でも包茎手術を受けることは可能です。では泌尿器科での包茎手術の場合、何をするのか、専門クリニックとは違う部分があるのかを見てみましょう。

 

泌尿器科での手術の特徴

 

まず、泌尿器科で包茎手術を受ける最大のメリットは健康保険が利用できるという点です。仮性包茎は保険の適用外なので真性包茎とカントン包茎に限られるものの、保険が適用できれば費用を大幅に下げられます。

 

専門クリニックの場合、どういったタイプの包茎であれ保険が適用されないことがほとんどなので、これは大きな違いです。ただ、泌尿器科での包茎手術はあくまでも機能面の改善を目指していて、見た目の方は気にしないのが一般的です。

 

そのため手術跡がはっきり残ってしまったりと、包茎手術をしたことが他人から見てもわかってしまうことが多くなります。たしかに包茎の治療はできますが、見た目にまでしっかりこだわりたいという方にとってはこれはデメリットになるでしょう。

 

泌尿器科か専門クリニックか

 

専門クリニックは泌尿器科と比べると見た目の面も考慮してくれ、仕上がりが美しいのが特徴となります。費用は泌尿器科よりもかかってしまう可能性が高いものの、見た目を気にする必要がなくなるというメリットがあるわけです。

 

そこで包茎手術を受ける時は泌尿器感にするか、それとも専門クリニックにするか、よく検討することが大切です。自分が包茎手術でどんなことを望むのか、費用の安さなのか、仕上がりの美しさなのか、このあたりをしっかり考えておきましょう。

 

同じ包茎手術であっても手術の方法が違ったりと違いはありますので、自分に合った方を選ぶ必要があります。泌尿器科の場合、とにかく皮を切除して包茎を改善するという部分だけを考えますので、この点を意識しておくのがポイントでしょうか。

 

泌尿器科でも専門クリニックと同じように包茎手術が可能ですが、主に見た目の点で大きな違いが出ます。また、費用が安くなるという点も踏まえておきましょう。

仮性包茎