【注意】仮性包茎手術と裏技的な自宅での治し方!

MENU

絆創膏と瞬間接着剤を使った仮性包茎の自宅での治し方【メリットデメリット】

仮性包茎は日本人男性の70%程だと言われており、共同浴場や同年代の男性と比べると恥ずかしさを感じる方もいらっしゃると思います。会社の部下や後輩には絶対に見せたくないと考える人も多いようです。

 

そんな仮性包茎ですが、よく言われている治療法として「絆創膏(ばんそうこう)」や「瞬間接着剤」を使用するというものがありますが、果たしてそれは正しいのでしょうか?

 

絆創膏

 

瞬間接着剤と絆創膏を使った、仮性包茎の治し方って?

 

仮性包茎の治療は包皮がむけていないと効果がありません。包皮と亀頭が癒着した状態だと仮性包茎ではなく「真性(しんせい)包茎」になります。癒着していなくても、出口の包皮口が狭くて亀頭を出せないのも真性包茎になります。

 

真性包茎

 

ここでは、包皮をむいて亀頭を出すことが出来る状態の仮性包茎についての話になります。

 

まず瞬間接着剤ですが、包皮をむいた状態で軽く塗り、包皮を固定します。こうする事で包皮に新たな癖をつけてしまい、むけている状態が自然だと認識させる方法です。

 

絆創膏も同じであり、包皮をむいた状態で絆創膏を使用し、瞬間接着剤と同じく固定します。行う事は両方とも同じですが、市販の仮性包茎治療の為の器具と原理は同じなので効果はあるようです。

 

瞬間接着剤と絆創膏、手術しなくても良いけどメリットは他にはない?

 

やはり安価である事と、時間と手間さえかければ誰でも行えるという事です。思い立った瞬間から始められるというのもメリットですよね。手術を行わないという事は包皮の切断が無いという事であり、施術による痛みが無いのも嬉しい点だと言えます。

 

そして周囲にも見つからない、これも大きな理由でしょう。一般男性が絆創膏や瞬間接着剤を購入した所で、仮性包茎の治療に使うなんて夢にも思いません。

 

使ってみたいけど大丈夫?痛みや副作用のデメリットは?

 

瞬間接着剤を使用するのは非常にリスクを伴います。様々な「化学物質」を含んでいる瞬間接着剤は、皮膚に何らかの悪影響が出る可能性はあるのです。

 

そして接着剤という事は、包皮からはがす時にも強烈な痛みがあります。絆創膏にも言える事ですが、亀頭が敏感な為に下着等がこすれてしまい、こちらも痛みを伴います。また、絆創膏治療は重度の仮性包茎には効果が無いとも言われている為、注意が必要です。

 

手軽に始められて、お金もあまりかからない仮性包茎治療ですが、それ相応のデメリットはもちろん存在しています。効果が現れるまでに時間がかかり、自らの手で行うのですから、失敗のリスクもある事を覚えておきましょう。

矯正器具(カリバウアー)を使った仮性包茎の自宅での治し方【メリットデメリット】

多機能メンズアクセサリーとして販売されている「矯正器具カリバウアー」ですが、仮性包茎に悩んでいる方は興味津々でしょう。まさに裏技的な治し方です。使い方やメリットデメリットなど、今回は下記に気になる点を記していきます。

 

カリバウアー

 

矯正器具であるカリバウアー、どうやって仮性包茎を治すのか?

 

使い方は非常に簡単で包皮をむいて亀頭をさらけだし、ワンタッチで装着するだけです。仮性包茎は簡単にいってしまえば包皮の癖であり、その癖を矯正する為の器具としてカリバウアーは開発されました。

 

男性器のサイズは個々で異なりますが、カリバウアーはサイズの変更も簡単に行える為、心配の必要がありません。矯正器具と聞くと大掛かりな物をイメージしがちですが、実際はワンタッチで装着するだけで行えるのです。

 

カリバウアーを使うメリットは何?他のリングと違う?

 

カリバウアーの特筆すべき部分は簡単な着脱とサイズ変更の利便さ、そしてフィット感です。立ったり座ったりを繰り返しても問題なく、興奮して大きさが変わってしまってもしっかりと対応してくれます。

 

更に嬉しい事に装着したままでもお手洗いを済ませる事も可能なので、煩わしさもありません。医療用シリコンを使用して作られているので、皮膚にも優しい製品です。

 

カリバウアーが優秀なのはわかったけど、デメリットは無いの?

 

カリバウアーという製品自体にはデメリットらしいデメリットは無いのが本当の所です。とはいえ仮性包茎治療ならではのデメリットはあります。リング装着という事もあり、矯正を始めて数日は多少の刺激で男性器が反応してしまう事もあるようです。

 

安価な治療法だと言われている絆創膏等を用いた治療よりも、費用がかかってしまうのもデメリットなのかもしれません。確実に仮性包茎を治療したい方や、皮膚への影響が気になる方でも安心して使えるのが「カリバウアー」です。

包茎手術の一般病院と専門クリニックの違いやメリットデメリット

仮性包茎等の治療を考えている方は、やはり手術をした方が良いのかと悩んでいるかと思います。そして包茎手術はクリニックと泌尿器科等の一般病院で受ける事が出来ますが、それぞれ違いはあるのでしょうか?

 

一般病院

 

手術を受ける前に、一般病院と専門クリニックの違いを知ろう

 

専門クリニックはその名の通り、包茎手術に特化した病院です。仮性包茎や真性包茎等、男性器の様々なトラブルに対応した専門家と言えるでしょう。

 

次に一般病院ですが、こちらは包茎手術の専門というよりは、尿に関係した臓器の治療が主です。包茎手術においてはクリニックの方が特化しており、一般病院は様々な治療が行える場所という事を覚えておきましょう。

 

一般病院と専門クリニック、それぞれのメリットはなに?

 

一般病院の最大のメリットは、保険が適用される事です。包茎手術に限らず、病院での治療を受けると多額の費用が発生しますよね。一般病院では保険が適用されるので、比較的安価ですみます。

 

専門クリニックはやはり専門家というだけあり、様々な包茎の悩みを全て解決してくれるという点がメリットでしょう。また、独自のシステムが存在しているので、無痛麻酔という存在も心強い味方です。更にスタッフが男性で統一されている事もあり、羞恥心が煽られないのも嬉しい点ではないでしょうか。

 

もちろんそれぞれにデメリットもある

 

一般病院は費用が安いですが、仮性包茎の方は手術を受けられない可能性が高いです。そもそも病気扱いされない可能性が高いためです。仮に保険が効いたとしても、保険証に履歴が残ったり、必ず女性スタッフがいるので恥ずかしさというデメリットもあります。

 

専門クリニックではやはり保険が適用されないので、費用が高くなってしまいます。手術ともなるとかなり高額になるので、人によっては大きなデメリットだと言えるでしょう。

 

中には広告費を削減するなど、包茎クリニックであっても安価で治療が行われているところもあり、そういったクリニックは美容を目的とする包茎男性に選ばれている傾向があります。仮性包茎の手術の場合は、病気治療が目的というよりも見た目(美容面)が重視されるため、一般的に専門クリニックでの治療を希望される男性が多いようです。

 

包茎手術の施術を行うにしても、やはりどちらにもメリットとデメリットは存在しています。しっかりと加味し、自分にあった場所でしっかりとした治療を行いましょう。

仮性包茎手術のお勧めランキング!【包茎専門病院】

ABC

言わずと知れた包茎専門クリニックの代表格「ABCクリニック」です。仮性包茎の手術は3万円から受け付けられています。実際にはもう少し費用はかかりますが、それでも包茎専門でありながら安価で明朗な治療費であることで評判です。

 

他院でカウンセリングを受けた人が最終的にABCクリニックで申し込む確率は98%を超えています。全国に診療所がありますので、術後に出張や転勤などが発生しても安心です。通える範囲に診療所がある確率が高いです。

 

ABCクリニックで手術を受ければ、半永久的にアフターケアしてもらえます。小さなクリニックだと閉院してしまい、術後のアフターケアを別の病院でお金を払って受けなければならない心配がありますが、ABCクリニックは大手で実績もありますのでその辺のリスクも最小限にとどめられます。【注意:診察費5,000円発生(手術費から診察費分割引)】

上野クリニック

開院25周年を迎えた包茎専門クリニック老舗の上野クリニックです。年間で12,000人以上が来院し、仮性包茎をはじめとする様々な男の下半身の悩みを解決されています。

 

性病科も準備されており、包茎の人が罹りやすい殆どの性病治療も受けることが可能です。ABCクリニック同様に全国展開でスタッフは全員男性、術後のアフターケアも無料です。

 

上野クリニックも全国に診療所があります。カウンセリング&診察が無料ですので、ABCクリニックと比較する為に足を運ぶ男性が多いようです。申込はネットで希望日等を指定するだけ、3分で完了します。ニックネーム登録可能です。

横浜中央クリニック

横浜中央クリニックも既に25年以上の実績がある病院になります。仮性包茎手術は費用が「7万円+税」と非常に明朗なところが人気の秘訣です。また、全国に診療所がない横浜のみの病院であるため、必ず院長が執刀してくれます

 

公式ホームページでは院長の顔写真入りの詳しいプロフィールが紹介されています。非常に信頼できる病院です。カウンセリングと診察は無料になっています。性病科も兼ねています。関東圏の男性には候補に入れてもらいたい包茎専門クリニックです。

環状切開術、背面切開術のメリットデメリット

包茎にも仮性や真性など様々な種類があり、それに応じて施術も「環状切開術」と「背面切開術」が行われます。しかしそれぞれにメリットやデメリット、特徴がある為、施術を受ける前にしっかりと学んでおきましょう。

 

手術室

 

環状切開術って何?包茎手術にも種類があるの?

 

包茎治療の基本であり、比較的安価な方法として環状切開術があります。亀頭の根元の部分にある、余った包皮を切除する手術の事であり、真性包茎やカントン包茎に対する手術です。最も用いられる術式であり、価格も他と比べて安い事が特徴です。

 

環状切開術のメリットとデメリットは?価格以外にどんな物がある?

 

他のメリットは感度低下を起こし辛い事や、失敗する事が非常に少ないという点です。一般的に非常にメリットが多い手術と言われていますが、勿論デメリットもあります。

 

まず施術後の見た目が目立ちます。縫合箇所の傷や、色の不均一が主なデメリットであり、他の術式よりも見た目が変わってしまう可能性があるのです。

 

じゃあ背面切開術って何なの?どんな方法?

 

真性包茎やカントン包茎、重度の仮性包茎で行われる術式です。そして真性包茎やカントン包茎を、あえて仮性包茎にしてしまう手術でもあります。仮性包茎は病気ではない為、真性包茎やカントン包茎を仮性包茎に変え、痛みを取り除く方法なのです。

 

背面切開術で仮性包茎に?メリットはあるの?デメリットもあるんじゃない?

 

メリットは施術の時間が非常に短く、切除する部分も少ない為、体にかかる痛み等の負担が非常に少なく済みます。しかしこの術式は、仮性包茎に止める為、次は仮性包茎に悩むというデメリットもあるのです。他にも切開した場所が目立ったり、縦に切り込みを入れる事から、左右のバランスが悪くなってしまう可能性もあります。

 

そして、時間経過と共に再び癒着してしまうので、手術の効果が薄まっていく事も覚えておきましょう。

 

上記に記した通り二つの手術にはそれぞれメリットとデメリットが存在しています。二つをよく見比べ、環状切開術を受けるか背面切開術を受けるかを、もう一度考えてみましょう。

ナチュラルピーリング法、陰茎根部固定法のメリットデメリット

包茎手術は昔からのイメージもあり、手術を行うと包皮等を切るというイメージがあります。しかし「ナチュラルピーリング法」や「陰茎根部固定法」といった、切らない治療がある事はご存知でしょうか?

 

包茎手術担当医

 

切らなくて良いの?ナチュラルピーリング法って何?

 

専門クリニックの多くで採用されているナチュラルピーリング法は、包皮を糸で固定する方法です。包皮をむき、亀頭を露出させた状態で固定する事により、包皮の癖を変化させる治療法となっています。切り取ったりする事が無いので、体に無理の無い自然な治療法と言えるでしょう。

 

無理の無いナチュラルピーリング法だがメリットとデメリットは両方存在している

 

最たるメリットは、術後の仕上がりが気に入らなくても元に戻せる事です。他にも傷痕が残らなかったり、術後に痛みを伴う事も無い為、敏感な方にも適しています。

 

しかしデメリットも存在している事は、忘れてはいけません。この方法は包皮に癖をつける為の治療なので、うまく癖が付かずに元に戻ってしまう可能性もあります。加えて、軽度の仮性包茎にしか用いられない事もデメリットでしょう

 

陰茎根部固定法はどんな物?固定という事は切らない?

 

ナチュラルピーリング法と同じく、切らない包茎手術です。包皮をむいて亀頭を露出させる所までは、ナチュラルピーリング法と同じです。陰茎根部固定法では糸ではなく接着剤を用いる事が、ナチュラルピーリング法と違う点です。

 

接着剤を使う陰茎根部固定法、メリットとデメリットはどうなっている?

 

メリットはやはり、切らない手術なので傷痕が残らない点です。しかし接着剤を用いる為、肌がかぶれて、かゆみや痛みを感じる可能性もあります。そして切らないという事は、ナチュラルピーリング法と同じく仮性包茎にしか適さない事、元に戻ってしまう可能性もあるという事です。

 

どちらも切らない包茎手術として有名ですが、僅かに見える大きな違いが存在しています。それぞれの特徴を知識として蓄えておき、治療を行う際の選択肢として用意しておきましょう。

亀頭直下埋没法、複合曲線作図法のメリットデメリット

幅広く様々な手術がある包茎手術ですが、よく用いられる「亀頭直下埋没法」と、仕上がりが良いと評判の「複合曲線作図法」があります。どういった手術を行うのか、施術してもらう前に知っておく事で、失敗のリスクはさがります。

 

包茎手術担当医

 

亀頭直下埋没法ってどんな手術?有名なの?

 

亀頭直下埋没法は、最も利用する人が多いと言われる術式です。手術跡が目立たない術式として用いられ、包皮の切り方は環状切開と同じ方法となっています。包茎手術の失敗談で耳にする事の多い、ツートンカラーになる可能性が低い事も特徴です。亀頭にあるカリ首の下部分で縫い合わせる術式である為、傷が目立ちません。

 

亀頭直下埋没法はメリットしかない?デメリットもあるの?

 

メリットはやはり傷跡が目立たない事と、有名な術式である為に失敗する可能性が非常に低いという事でしょう。デメリットとしては、環状切開よりも費用が高い事と、所謂若干の感度低下を起こす可能性があります。とはいっても、不感症等とは違い、言われなければ気づかない程度の物だと言われています。

 

複合曲線作図法?難しい名前だけどどんな物なの?

 

数ある包茎手術の中でも非常にレベルが高い術式であり、仕上がりが美しいと評判の方法です。専門クリニックのオリジナル術式でもあります。基本的には亀頭直下埋没法と同じ切除の仕方となっていますが、一人一人に最適な作図を行う事が特徴です。その為、その人にあった美しい出来栄えとなります。

 

凄い術式みたいだけど、複合曲線作図法のメリットとデメリットは?

 

メリットも亀頭直下埋没法と似ており、極めて傷痕が目立たない仕上がりです。そして感度低下も非常に起こし難い方法である為、亀頭直下埋没法の上位だと考えて良いでしょう。しかしそれ故にデメリットとして費用の高さ、施術時間の長さが目立ちます。

 

二つの術式のメリットとデメリットは酷似していますが、包茎治療の際のデメリットというには気にならない程度です。自身の用意できる治療費と相談し、どちらが良いかしっかりと判断してから、手術に臨みたいですね。

恥骨部脂肪吸引術、レーザー包茎治療のメリットデメリット

包茎に悩んでいると様々な手術法を耳にすると思いますが、「恥骨部脂肪吸引術」や「レーザー包茎治療」はご存知ですか?よく用いられる術式とは少し違った二つの方法、知識として蓄えておきましょう。

 

手術器具

 

恥骨部脂肪吸引術ってどんな手術?

 

軽度の仮性包茎治療に用いられる事もあり、肥満体質の方に向けた方法です。陰茎の付け根にある恥骨に溜まった脂肪を吸引し、贅肉で埋まった陰茎を元に戻す術式となっています。長さや大きさを取り戻す手術の為、包茎治療以外の目的でも使用される事もあるみたいですね。

 

恥骨部脂肪吸引術のメリットとデメリットを教えて!

 

一番のメリットは一度吸引した箇所には、脂肪が溜まり辛くなるという事です。他には陰茎自体にもメスをいれない為、傷痕等の心配もありません。しかし一番の問題として、軽度の仮性包茎にしか使用出来ないというデメリットがあります。更に人によっては十分な効果を得られない事も、デメリットの一つでしょう。

 

レーザー包茎治療って何?名前は凄いけどどんな物?

 

レーザー治療はレーザーメスを用いた術式の事です。1000℃以上の熱線で切る方法であり、切断と同時に切り口を焼く為、出血も非常に少ない方法です。余っている包皮をレーザーで焼き切り縫合する、シンプルな術式となっています。

 

メリットとデメリットって、レーザー包茎治療にもある?

 

勿論存在しています。メリットは出血が少ない事が筆頭になります。更に、通常のメスよりも安全性が高いという点も、レーザーならではのメリットです。しかしデメリットが非常に強く、傷痕の見た目は非常に汚い物となってしまいます。人によっては用いられなかったり、仮性包茎以外の治療には使えないのもデメリットでしょう。

 

恥骨部脂肪吸引術は近年でもよく見かけますが、レーザー包茎治療は最近ではあまり使用されない傾向にあります。しかし知識として覚えておき、術後のイメージをする事が大切なので、覚えておいて損はありません。

昨今議論される仮性包茎手術の必要有無の是非、それぞれの立場の意見

日本人男性の7割以上が仮性包茎だと言われており、仮性包茎手術を行う人も少なくありません。しかし昨今では本当に手術をする必要があるのかどうか、意見が分かれている傾向にあるようです。

 

解説者

 

仮性包茎手術は必要?生活に支障は無いから不要という意見も

 

仮性包茎を治したいという方の意見の多くは、亀頭やカリ首に溜まるゴミからくる衛生面を気にしている方。そして大浴場等の不特定多数の方に見られる場所での、見た目や恥ずかしさの除去となります。

 

仮性包茎はそもそも日常生活への支障はほとんど無く、仕事や学業への被害もまったくありません。それ故に治療をしなくても良い、そう考えている人も沢山いらっしゃるようです。

 

しかし男性にとって大切な部分の症状であり、やはり見た目の問題や男らしさを損なうとの意見もあります。海外ではナチュラルペニスとも呼ばれている仮性包茎は、国外では認められ始めているようです。しかし国内ではまだまだコンプレックスとなっている為、治療を行うかどうかはやはり個人の感じ方次第なのでしょう。

 

手術が必要な人と不要な人の意見は、かなり真っ二つ

 

必要だと考えている人の多くは、見た目を気にされる方、妻や恋人からバカにされたという人もいます。不要だと考える人は手術を行ってまで治療の必要が無い、多額の費用がかかるという意見が多いようですね。

 

更に手術によっては、より恥ずかしい傷痕や見た目にもなるから嫌だというのも、もっともな意見でしょう。割り切れる方であれば、生活に関係の無い部分だし、体に被害も無い事から放置する傾向にあります。

 

しかしより完璧な男性を目指す人にとって、仮性包茎はコンプレックスであり、手術は必要だと考えています。自身はどう感じているのか、もう一度ゆっくりと考えてみる必要がありそうです。

 

男性の数だけ悩みがある仮性包茎の議論ですが、個人差からくる必要性の有無はやはり割れています。この議題は長きに渡り、この先も国内で議論され続ける物だと思いますが、一概にどちらとも言えない討論です。

包茎手術の歴史や海外での価値観の違い

女性からすればため息がでるような悩みだと思いますが、男性にとって包茎は重度の悩みでもあります。国内外問わず海外でも古くから行われてきた包茎の治療ですが、今回は歴史と価値観について記していきます。

 

欧米人

 

包茎手術は遥か昔から行われており、非常に歴史が深い

 

包茎手術という名がついていない時代から、通過儀礼として包皮を切断する行いはありました。現代でも一部の民族や部族は、子供が一定の年齢になると刃物で切断する習慣があるそうです。

 

包皮が長すぎると炎症を起こしたり、末端硬化症陰茎癌になる可能性もあるので、昔から必要とされてきたのだと思われます。古代エジプトでは包皮切断を行い、社会的に男として認められる事で、神との契約を結んでいたと言います。

 

また包皮切断を行っていない異邦人は食事すら満足に出来なかったとも。一人前の男になる為の通過儀礼であるので、コンプレックスと捕らえている人が多いのも納得です。

 

日本と海外における包茎に対する価値観の違い

 

実は包茎に対してコンプレックスがあり、恥ずかしさや格好悪さと捕らえるのは日本特有だという意見もあるのです。欧米では仮性包茎の事をナチュラルペニスと呼び、生まれたまま、ありのままの状態を誇っているとも言われています。

 

上記で記したように、国や部族、民族によっては男として認められない所もありますが、日本はどうでしょうか?

 

昨今では治療をしなくても良いという人も増えていますね。とは言えやはり、これだけグローバル化が進んだ世界であっても、日本人の仮性包茎嫌いは根深いところを見ると、文化の違いであって今後も続くのではないかと予想されます

 

重度の包茎であれば治療を行ったほうが良いでしょう。軽度であれば本人次第です。世界規模で価値観が変化している包茎は、この先も男性に付きまとってくる問題であると言えるでしょう。